ながはま治療院が考えるイップスの原因 その①

スポーツ

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

イップス専門治療院・ながはま治療院の永濵です。

本日はタイトルにある通り、当院が考えるイップスの原因についてお伝えしたいと思います。

④まで続くのでお見逃しなく(^.^)

まず当院の考えを伝える前に、一般的に考えられている原因も書きたいと思います。


一般的に考えられている原因

一般的にはイップスの原因は心理的なものと考えられています。
だからイップスの症状が出た選手は殆んどのケースで監督やコーチ、チームメートから「メンタルの問題だ」と言われます。

このような周囲の態度がさらに選手を追い込んでいるのではないでしょうか?

このようなケースが非常に多く「イップス=メンタルの問題」という強固なイメージが完成しそれがさらに選手を追い込み、という悪循環になっているのが現状です。

必死

また選手はこれを克服するために、練習の量を増やしたり、フォームを変えたり、気にしないようにする事が精一杯で、それでも完全に良くならないのが大方です。

そして、このような状況が続く事で、本来持っているはずの実力が局面によって発揮できなくなり、楽しいはずのスポーツが苦痛になる、監督・コーチ・チームメートからの信頼の低下、怪我のリスクが増える、多くのストレスにさらされるなどの二次的な問題も発生します。



ながはま治療院が考える原因

まず初めにイップスが起きている時に体がどんな反応・反射を起こしているのかを考えたことはありますか?

実はイップスは人間誰しもが持っている体の反応・反射(脳と意識と体の関係性)によって症状が発症します。

イップス 脳と意識と体の関係性


イップスと聞くと、中にはメンタル(心)が弱いと言われる方々もお見えになりますが、当院では『症状』として捉えていますのでご安心ください。

そもそも「メンタルが弱い」には定義がありませんよね。

イップスになった方がメンタルが弱くて、イップスにならない方はメンタルが強いという事なのでしょうか?
これはあまりにも酷すぎると私は思います。


①筋肉とネガティブの関係

イップス原因 ネガティブと筋肉

人は自分がネガティブと感じる事柄があると、自分の意識よりも先に筋肉が反応するように出来ています。

皆様も嫌な事を思い出して顔が強張ったり、怖い体験をして一瞬に背中が凍りついたり、恐怖を感じ足がガクガク震えた経験があるのではないでしょうか?

実はイップスもこの作用で症状が発症しているんです!

だから自分の体に特別な異常があって起きているのではなく、誰しもが持っている反射・反応によって起きているだけなので、まずはご安心下さいね。

この事については、ご来院の際に患者様の筋肉を使って体感して頂きます。
この反応を体感されると、皆様が一応にビックリされます!

またこの時にポジティブシンキングの限界も筋肉を使って体感していただきます!


【ポイント】

「イップスがあるから嫌な意識になる」と考える方が多いと思いますが、これは正確には違います!

もちろん症状が続く事で嫌な意識になることはあるかと思います。

しかし、人に起こる全ての事は「人の意識が現象を創る」と言われています。
(物理量子力学)

つまり、嫌な意識があるからイップスがあるという事です!

これは私個人の意見ではなく、科学者さんが言っていることなので大よそ間違いはないでしょう。
(科学は真実を追求する学問です)

そこで重要になるのが、何故嫌な意識が生まれたかという事です。

それには、

過去の大きな失敗の記憶

周りからのプレッシャー

指導者からのゲキ

~しなければならないという焦り

どうしたらいいか分からない不安感

~するべきという自己ルールに対する執着

など、ストレスが大きく関与しています。

当院ではこれらのストレスに対して施術を施すことで、嫌な意識が生まれる大元の記憶までアプローチし、嫌な意識が中和(クリーニング)され、嫌な意識が減少・消失していきます!

記憶解放テクニックと言いますが、方法は簡単ですが威力は凄いので、一度ご体感ください。

MFT



②へ続く(●^o^●)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です